幼稚園について

園長挨拶

園長 玉置 佳代子「幼稚園は、子ども自身がいきいきと生きる生活の場であり、それぞれの力を発揮して遊び、子どもが自分から人や物事に関心をもってかかわっていく力を育み、人として成長していく場です。そして、子どもとしての自然な生活、あそびの中で、基本的な生活習慣や集団生活に必要な規律、意欲や粘り強さ、お友達との関わりやおもいやり等いろいろな能力や態度を身につけていきます。『遊戯はすべての善なるものの出てくる源泉であるから、身体の疲れるまであきずに落ちついて遊ぶ子ども、十分遊んで疲れてよく眠っている様子は、この時期の幼児生活の最も美しい現象ではないだろうか。』これは幼稚園教育の祖といわれるフレーベルの言葉です。この言葉のように、子どもたちが安心してあそびに夢中になれる幼稚園であることを大切に保育に努めています。また、職員一同、常に学ぶことを心がけ、仏さまのやさしさと温かさをもって子どもたちの10年後、20年後を見つめた教育を行っていきたいと考えております。

教育目標

「本園では仏教の精神を基にした教育を行い、子どもたち一人一人を見つめ、楽しくのびのびとした保育の中から、人間性豊かな人格を育てることを目標としています。」

「佛の子供」

教育方針・特色

  • 本園では開園以来、"明るくたくましい子""創造力に富んだ子""情操豊かな子""辛抱強い子""自主的判断のできる子"を育むことに重点をおき、『佛の子ども』を制定し、その実現を目指した保育に努めております。
  • "めざましあそび"など、あそびの中から子どもたちが自ら気づき学ぶ育ちを大切にした教育を行っております。
  • 小規模園ならではのきめ細かい保育、異年齢間の交流を大切にします。

"めざましあそび"についてはこちらをご覧ください。»

沿革

許可 昭和52年1月18日
開園 昭和52年4月1日
設置者 学校法人 真光寺学園
園長 玉置 佳代子
定員 105名
※1クラス 年少15~18名程
年中・年長20名前後の少人数保育です。
幼稚園外観

アクセス方法

所在地
〒491-0051
一宮市今伊勢町馬寄字西切戸7-1
最寄り駅
名鉄本線「石刀」駅 徒歩3分
お車でお越しの方
一宮市立今伊勢西小学校 西
バスでお越しの方
一宮テニス場 南西150m

拡大図はこちらから »